激安3DプリンターEnder 3D 買ってみた!!

題名の通り、3Dプリンターを買ってみました!!

この時はキャンペーンをしてたのでUS $169.30日本円で換算すると現在レートで18,800 円で買うことができました。3Dプリンターでそこまで細かな部品などは作る予定がなく、大まかなモックアップができたらいいなと思い購入しました。

郵送はFedExで届くので、非常に早かったです。発送されてから私のところまで4日ほどで到着しました。

いざ開封!!


組み立て式なので、もう少し小さい箱で送られてくるのかと思ってましたが実際は結構箱が大きい です!
箱が大きいというだけあって、安全対策ばっちりな感じで包装されています。

これだけ大きな部品があるのですから、輸送中箱から飛び出したりしたら大変ですし、精密機械なのでこのくらいしっかりと包装されていると安心ですね。

組み立てるときに必要な説明書なのですが、すべて英語で書いてありました。
まあ海外から買ってるが故に、日本語の説明書は送られてくることはないとは思っていました。

ちょっと横で見えずらいですが、保証書もちゃんとありました!!

まずは組み立てる

原型はある程度できているので、部品を付け足していきます。
3Dプリンターなので土台が結構ずっしりしています。組み立てるときに前横回転移動させたりするときは意外と大変なので、組み立てしやすいテーブルか何かの上で組み立て作業したほうがいいと思います。
私は、床で組み立て作業してしまったので非常に腰にきてしまいました。(腰に来るような年ではないのですが…)

とりあえず、この説明書の絵通りに組み上げていけば3Dプリンターが完成します。
説明所を見た感じだと、ほとんど絵で組み込み方が書いてあるので、非常にわかりやすいです。
そして、3Dプリンターはメカニックで組み立てるのに時間がかかりそうなイメージでしたが、元から大まかな部品になっているものが多いのでそこまで、作業は必要ありませんでした、と言いながら組み上げるのに2時間をかけてしまいました。

自作PCとかプラモデルが好きで日々やっている人だとすぐに組みあがると思います。

注意する点としてしては、

横にある位置を上下するためのモーターの根元にあるねじを回しておかないと、棒がスカスカになって、うまく上下しないので、ここはしっかりとねじを締めておきましょう。

それと電源の後ろ側にある220Vと110Vを切り替えるスイッチがありますので、最初は220Vになっていて、そのままコンセントにさしても動きませんので、110Vに変えておきましょう。

完成しました!

とりあえず無事完成しました。
後になって気づくのですがフィラメントを送り出すための、チューブをフィラメント送り出すためのモーターのところにつけるのを忘れていて悪戦苦闘しましたが、

このようにしておかなければならなかったようです。
フィラメントが全然出てこなくて焦りました。

ということで本当に完成しました。
次回はこのプリンターを使ってサンプルを印刷してみたいと思います。