Aliexpressとは

ザックリ言えば個人が海外から商品購入できる通販サイトです。

アリババ運営のプラットフォームなのでバイヤー保護など購入者にはかなり手厚く保護があるのが特徴です。特に料金は商品が手元に届くまでは絶対に出品者には支払われないことになっているので、万が一不良品などが来ても即対応してもらえます。

また、ほかの輸入サイトよりも品数が多く比較的安いので買いやすいですし、会員になりクーポンを適用するとさらに安ったりしますので、個人的には一番おすすめです。

ただもちろん注意する点も結構ありますので、仕組みなども併せて少しずつ見ていきましょう。

バイヤー保護

購入者を売り手による過失から守るためにバイヤー保護があります。

Aliexpressの仕組み上、金銭的な面で購入者と販売者の間をアリババ子会社のAlipayが取り持ちます。間を取り持つことで、商品を送らずお金だけ取られるということを防止するためや、購入者と出品者で何かトラブルがあった場合に間を取り持つことができるようになっています。

この仕組みにより、購入した商品が壊れていたものが配送されたときはバイヤー保護により「紛争」を開くことができます。この紛争を開くことで販売者と返金などについての交渉ができます。

紛争とは

Aliexpressにおける紛争とは、購入者と出品者にトラブルが発生したときに購入者から出品者に異議申し立てができる仕組み。結論に至らなかった場合は、Aliexpressが間を取り持ちます。

ただ、Aliexpressで出品している販売者は紛争を起こされることによってペナルティが課せられるため、紛争をする前に一言、送ると大抵即返金してもらえます。

安全性は?

バイヤー保護のところにも書きましたが、Aliexpressの運営をしているのはアリババという中国最大のネットショップを運営している会社です。イメージ的には中国のアマゾンですね。

日本でも訪日中国人向けに支付宝(アリペイ)を展開していて、コンビニや家電量販店などあらゆるところで使えるQR決済を展開しています。

運営についてはさておき、アマゾンにも結構怪しいものがあるように、Aliexpressでも結構怪しいものも売っています。
中にはコピー品などもあります。

具体的には、

  • 検品が甘いせいか動作不良をするものがある。
  • いつまで経っても発送される気配がない。
  • 注文した商品とは全く別の商品が届いたり、数量が合わない。
  • アパレルの裁縫が雑で、ボタンは自分で付け替えなければならない。
  • 税関で止められるレベルのパチモンがあったり。など

なので、販売者を見極めレビューが一つもないものは絶対買わないようにしてください。

レビューがあるか確認を!!

簡単に言うと、購入していいものを見極めるには、販売者情報と商品のレビュー数これに尽きると思います。

【画像1】

【画像2】

画像1を見てもらえるとわかるようにレビュー数には星の横に数字が書いてあります。その数字はフィードバック(レビュー)された数を表しています。
そして画像2では売り手情報が書いてあります。

基本的には画像1のレビュー数の多さと星の数を見れば、安全かどうかの目安になりますが、あくまでも目安なので参考程度にしてください

目安だとレビュー数が100以上あれば安全圏に入ります。
それ以下の商品はあまりお勧めしません。

まとめ

中国最大級ネットショップの運営というだけあって販売の仕組み自体はかなり安全に作ってあります。しかし、コピー品や粗悪品なども結構あるため、レビューをよくみて、同じ商品でもなるべくレビュー数が多いところから買うようにしましょう。